スポーツ

矢澤宏太の父は野球経験者!他界前に交わした約束エピソードが泣ける



矢澤宏太の父親は?

2022年のプロ野球ドラフト会議で1位指名が確実視されている、日本体育大学4年生の矢澤宏太選手。

投手と野手を兼任している左投左打の二刀流選手で、投手としてはMAX152キロのボールを投げ、外野手としては長打力と50m走を5秒台で走る俊足を備える選手です。

将来のプロ野球界スター候補ですから、セ・パ12球団は喉から手が出るほど欲しい選手でしょうね。

そんな素晴らしい矢澤選手ですが、ここまでどうやって育ってきたのか?

父親もやはり野球経験者なのか?家族構成は?など、気になる方も多いと思います。

この記事では、

  • 矢澤宏太の父親の経歴
  • 矢澤宏太と父親のエピソード
  • 矢澤宏太の家族構成

以上を徹底解説していきます!


矢澤宏太の父は野球経験者?

矢澤宏太さんの気になる父の情報を、以下にまとめました。


矢澤宏太の父親の経歴

矢澤宏太さんの父親は矢澤明夫さんといいます。

また、父・明夫さんは3年前に59歳の若さで他界されています

父・明夫さんが野球をしていたかどうかを示唆する情報はありませんでしたが、

矢澤宏太さんは6歳で東京都町田市にある少年硬式野球チームの『町田リトルリーグ』野球を始めたことから、

硬くて重い硬式球を使用し、自分の子供に幼少期から怪我の危険が伴う硬式野球をさせることは、相当熱心な親と思われます。

矢澤宏太の父親自身も野球経験者である可能性が高い

野球を始めてから、矢澤宏太さんはずっと父親のサポートを受けてきたかもしれませんね。

しかし、そんな矢澤宏太さん親子に悲劇が襲ってしまいます。


矢澤宏太と父のエピソードは?

矢澤宏太

矢澤宏太選手は小・中・高と二刀流の選手で、地元の東京都町田市では将来有望な選手として期待されていました。

高校時代には神奈川県の強豪高である藤嶺藤沢で打者として32HR、投手として左腕から最速の148キロを出し、

プロ注目のドラフト候補となっていて、父の明夫さんは自慢の息子がプロ入りすることを切望していました。

しかし、迎えたドラフト会議では残念ながら矢澤宏太さんは指名から漏れてしまいました。

その2ヶ月後に、父・明夫さんは心臓発作で亡くなったそうです。

…とても悲しいエピソードですね。

4年経ち、矢澤宏太選手は日本体育大学で力を付けて、大学日本代表に選出されるまでに成長し、今秋のドラフト会議では目玉の選手として注目されています。

父親との約束を果たす日は着々と近づいており、天国の父・明夫さんもドラフト当日まで、ドキドキワクワクしていることでしょう。


矢澤宏太の家族構成

矢澤宏太選手の気になる家族構成ですが、父親・母親・兄弟などの家族について調べた結果、以下の情報がありました。

矢澤宏太選手の家族構成は、

  • 父親
  • 母親
  • 長男(矢澤宏太選手)

3人家族なのではないかと推測できました。


矢澤宏太の母親

矢澤宏太選手の母親の名前は矢澤香さんと言うそうです。

名前の読み方は、『やざわかおり』と読むと思われます。

2022年現在で45歳だそうです。

顔写真があるか探しましたが、残念ながら見当たりませんでした。

今後、矢澤宏太選手がドラフト指名される際はテレビで映る可能性が十分にありますので、気になる方は今年のドラフト会議をチェックしましょう。


矢澤宏太の兄弟

ネットで矢澤宏太選手に兄弟は居るのか調べた結果、兄弟がいることを示す情報はありませんでした。

ただし、実際は兄弟が居るかも知れませんが、一般の方だと思うので、情報が出回っていないだけかも知れませんね。

矢澤宏太選手がプロ野球の世界に行けば、その辺りの情報も明らかになるでしょうから、期待しましょう。


まとめ|矢澤宏太の父は野球経験者!他界前に交わした約束エピソードが泣ける

  • 矢澤宏太選手の父親は矢澤明夫で、3年前に59歳の若さで他界されている
  • 矢澤宏太の父・明夫自身も野球経験者である可能性が高い
  • 矢澤宏太選手の母親の名前は矢澤香(やざわかおり)で45歳
  • 矢澤宏太選手に兄弟は居ない可能性が高いが、一般人だと思うれるので、情報が出回っていないだけかもしれない

今回は、日本体育大学の矢澤宏太さんの父親は野球経験者だったのか?

また、母や兄弟が居るかどうかなどの家族構成をまとめました。

昨年辺りから、日本の大学野球界で名を知られるようになってきた矢澤宏太さん。

高校時代にドラフト指名漏れを経験したり、ご家族に悲しいことがあったりと、若くして様々な苦労も経験していることを知りましたね。

プロ野球入りして活躍することで、親孝行をして欲しいと思います。

頑張れ!!矢澤宏太選手!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。