お笑い芸人

ブチギレ氏原は何者?元お笑い芸人で国家資格を持つ頭の良さがスゴイ!



ブチ切れ氏原は何者?

TikTokやYoutubeで注目を集めているブチギレ氏原さん。

様々な角度からだれかれ構わずツッコむブチ切れ芸が話題を集め、いま最も勢いのある最新のTikToker・Youtuberですよね。

謎が多く、経歴や学歴が気になりますよね。

実はブチ切れ氏原さん、チンピラのような見た目ですが国家資格も持っており頭が良いんだとか!

そこで今回の記事では、

  • ブチギレ氏原本名や年齢のプロフィール
  • ブチギレ氏原の経歴
  • ブチギレ氏原の学歴

以上を徹底解説していきます!

ブチギレ氏原の本名や年齢のプロフィール

  • 芸名:ブチギレ氏原(ぶちぎれ うじはら)
  • 本名:氏原真一(旧芸名)
  • 年齢:1988年4月8日(34歳)
  • 出身:静岡県浜松市
  • 血液型:O型
  • 身長:175cm
  • 体重:60kg
  • 所属事務所: 株式会社ケイダッシュステージ(現在はフリーで活動)
  • 趣味:曲作り、ラップ(ラッパー「GGUJIHARA」としても活動)

ブチギレ氏原さんの本名は「氏原真一」さんといいます。

静岡県浜松市出身で、大学生で上京しています。

以前は「ゴンゴール」というコンビ名でお笑い芸人として活動していました。

TikTokで様々な物にブチ切れていく動画で2021年にブレイク。

現在、ネットを中心に活躍する人気のTikToker・YouTuberになりました。

スパチャで世界一をとる

毎週水曜日と金曜日21時から行われるYouTube生配信は「ブチギレ生配信」と呼ばれ、
全てのコメントに対してブチ切れていくという内容で人気が高く、

今年の9月21日、宮迫博之さん扮する「轟さん」をゲストに迎え生配信をしたYoutubeチャンネル「GGチャンネル」ではスーパーチャット(スパチャ=投げ銭)で100万円近く獲得し、デイリーランキング世界1位になりました。

ブチ切れ氏原さんの見た目は細身で長身、柄物のシャツを着て黒の細目パンツに革靴。

サングラスをかけて、サイドが短めの金髪オールバックでヤンキーのような風貌をしています。

チャラそうな見た目ですが、実はブチ切れ氏原さんには多才な才能があるんです。

多数の資格を持っている!

ブチ切れ氏原さんは、

  • 英検準2級
  • 第二種電気工事士
  • 危険物取扱者乙種第4類

などの資格を持っています。 

英語もできて、特殊な分野の国家資格を持っているなんてすごいですね!!

パグくん

キレなくてもこの資格だけで働いていけるレベルww

ラッパーとしても活動中

また、実はブチ切れ氏原さんは「GGUJIHARA」という名前でラッパーとしても活動しています。

ブチ切れている氏原さんとはまた違ったクールな雰囲気ですね!

筋肉ラッパー「YOUNG HASTLE」、東京若手HIPHOP DJの代表格といわれている「DJ CHARI」Apple Music総合チャートで6位を記録している実力派DJの「DJ TATSUKI」
など有名アーティストともコラボしていてラッパーとしても本格的に活動しています。

パグくん

この人なんでキレてるんだろう…

そんなブチ切れ氏原さんの経歴も気になりますよね!さっそく見ていきましょう。

ブチギレ氏原の経歴

(右)ブチ切れ氏原

ブチ切れ氏原さんはもともと、相方のサカモトさんとコンビを組んでお笑い芸人をしていました。

2009年3月1日に中学時代に通っていた塾で知り合った者同士でコンビを結成しました。

当時のコンビ名はヒサトモ。由来は高校の担任の「ヒサトモ」からきているそうです。

パグくん

先生の名前使うのはウケるな

同年、オードリーやトム・ブラウン、はなわ等と同じケイダッシュステージに所属しました。

2014年に「ヒサトモ」から、「ゴンゴール」へ改名。

由来は、2人が応援するサッカーチームジュビロ磐田のレジェンド・サッカー元日本代表の中山雅史さん(静岡県出身)のニックネームに絡めた「ゴンゴール」から来ているそうです。

2022年からソロ活動へ

ブチ切れ氏原さんのお笑い芸人としての経歴をまとめると、

  • 2014年:YouTubeチャンネルを開設
  • 2021年:TikTok、Youtubeでブレイク
  • 2022年:7月末をもってケイダッシュステージ退所
  • 現在:本格的にYouTuber、TikTokerに転向しフリーで活動中

M-1グランプリには2015年から2020年まで毎年出場していましたが、最高進んだ3回戦で敗退しています。

コンビとしては芽が出ませんでしたが、ソロ芸人として花が咲いていますね。

次は、ブチ切れ氏原さんの学歴についても見ていきましょう!

ブチギレ氏原の学歴

ブチ切れ氏原さんは、静岡県立浜松工業高校出身でその後東京の大学に進学しています。

ブチ切れ氏原さんの高校時代からくわしく見ていきましょう。

高校:静岡県立浜松工業高校

静岡県立浜松工業高校の偏差値は52です。

キレることで稼ぐだけあって、やはり地頭は良いことが分かります。

学科は8つあり、電気工事士の資格を持つブチ切れ氏原さんは「電気科」だったのではないかと思われます。

住所:静岡県浜松市北区初生町1150

生徒と保護者から評判が高く、吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクールの常連で、アーチェリー部は全国優勝したりと部活動においても高い実績を持つ優れた高校です。

工業系の進学就職に強い高校といわれているので、ブチ切れ氏原さんも中学生の頃は「工業系の仕事に就きたい」と思いこの高校を選んだかもしれませんね。

浜松工業高等学校出身の有名人
  • ケンキ(お笑い芸人(元どーよ)
  • 浦野博司(プロ野球選手)
  • 松原広輔(バレーボール選手)
  • 三笑亭可風(落語家)

高校時代はお笑いにハマり、同級生とコンビを組んで文化祭などで漫才をしていたそうです。

高校2、3年生の時に高校生の漫才コンテストである『M-1甲子園』に中部地区代表として全国大会に出場しました。

パグくん

お笑い芸人としてのポテンシャルは高校生からあったってことだね!

ブチ切れ氏原さんは大学生になると、お笑い芸人よりもラッパーに熱が入るようになりました。

大学:東京に上京

ブチギレ氏原さんの出身大学に関する情報は出ていませんが、

過去のインタビューで東京の大学に入学したと本人が言っています。

しかしある日、高校時代の同級生であった坂本さんが、氏原さんに「実は俳優になりたい」と打ち明けてきました。

ブチ切れ氏原さんは「芸人はモテる!」と言って坂本さんを誘いコンビ芸人になる決意をしたそうです。

パグくん

クラブのVIP席で好きなだけシャンパンを開けたいという夢があったらしいよw

大学の在学中にオーディションを受けて、ケイダッシュに所属し、芸人としての道を歩んで行ったそうです。

まとめ|ブチギレ氏原は何者?元お笑い芸人で国家資格を持つ頭の良さがスゴイ!

  • 本名は「氏原真一」34歳で静岡県浜松市出身
  • コンビ名「ゴンゴール」の元お笑い芸人
  • 国家資格を持ち、ラッパーとしても活動する多才

今回は、ブチギレ氏原さんの経歴や学歴・プロフィールについてまとめました。

ブチ切れ芸以外にもラッパーとして活動したりと、多彩なセンスの持ち主のようですね。

今後の活躍に期待です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。